The 25th Annual Meeting of Japanese Society for Neuroscience in Anesthesiology and Critical Care

第25回 日本神経麻酔
集中治療学会

「神経麻酔を極める」

会長挨拶

第25回日本神経麻酔集中治療学会
会長 山蔭 道明  
(札幌医科大学医学部 麻酔科学講座) 

 会員の先生におかれましては,平素より日本神経麻酔集中治療学会に対しまして格別のご高配を賜り,誠に有り難く感謝申し上げます。

 さてこの度,第25回日本神経麻酔集中治療学会を,2021年(令和3年)6月19日(土)に,札幌医科大学にて開催いたします。また,翌日6月20日(日)には第19回日本Awake Surgery学会を開催します。開催テーマは「神経麻酔を極める−コロナ禍を超えて」とさせていただきました。本学会を通じて,広く神経麻酔に関わる麻酔科医,さらにそれに携わるコメディカルを含め,チーム医療としてどのようなアプローチや対応が,これに与る患者の生命の延長,QOLの改善にどのように寄与できるのかを議論したいと思います。また,本年8月より,世界に先駆けて静脈麻酔薬レミマゾラムが本邦で臨床使用されるに至っています。来年には,神経麻酔領域にどのような有効性や安全性があるのかを具体的に議論できるのではないかと期待しております。

 来年6月であっても,世界的に問題となっているコロナ禍がどのようになっているのかは全く見通せない状況でありますが,対面での開催を前提としつつも,Web開催となった際にも会員の先生にとっては,参加点,発表点,学術賞,認定医制度更新に必要な単位を含め,協賛いただく企業や製薬会社にも迷惑をかけない形を模索しております。

 本会会員の諸先生におかれましては,何卒ご支援,ご協力のほど,よろしくお願い申し上げます。

第25回日本神経麻酔集中治療学会E-mail: jsnacc2021@ec-pro.co.jp