2016年度 通訳案内士等研修会

 

研修カリキュラム -スキルアップ研修会

英 語
中国語
韓国語

英語スキルアップ研修会

目的

 全10回の講座を通して、通訳案内士の有資格者を対象にガイド技術の向上を目指して行く。外国人観光客の増加により、即戦力として働けるしっかりとした技術を持った通訳案内士のニーズがますます高まっている。
 座学では観光地を録画した映像を使用することにより、実践的な演習を行う。
 また、観光施設の専門家を講師に迎えて講義をしてもらい知識を深める他、現地研修も行い実際に案内する場所を訪れて研修することにより、スムーズなガイディングを目指す。
 通訳案内士の講師が、実際のツアーでのガイド映像を紹介し現場でのエピソードなども織り交ぜながらガイド技術のスキルアップを目指す。

英語 第1回 
ガイディング準備と北海道の概要【座学】
◆10月13日(木)13:30~15:00 会場:札幌公務員受験学院 5F会議室 

ガイド準備について。現場で何が必要で、何を持って行き、どのような準備をしたらいいのか確認する。そして、まずお客さんを目の前にしたときにまず話す事柄、また北海道の概要について知識の確認をし、研修参加者が実際にお客さんの前で話すつもりで概要について皆の前で説明できるようにする。
(その後徒歩移動で赤レンガへ)

英語 第2回 
赤レンガ(観光施設の専門家を講師に加えての講習)【現地研修】
◆10月13日(木)15:10~16:40 

道庁赤レンガは外国人観光客、特にアジアからの観光客に人気のスポットである。外からの写真スポットとしても人気だが、中に入ってじっくり見学する観光客も多い。さまざまな興味深いトリビアを提供することのできる赤レンガについて、専門家を招き、そのお話を聞きながら現地で学んでいく。

英語 第3回 
北海道神宮【現地研修】
◆10月19日(水)13:30~15:00 集合場所:北海道神宮

北海道神宮は外国人観光客に人気のスポットとなっている。施設の専門家にお話を伺い、北海道神宮についての理解を深める。
神社の説明とともに実際に訪れる前にはどのように参拝するのかをわかりやすく説明しなくてはならない。また、神社だけでなく、寺との違い、日本でのキリスト教徒がどのくらいいるのか、なども外国人に良く聞かれる質問である。おみくじやお守りの説明とともに、そういった質問にも答えられるようにする。

英語 第4回 
北海道博物館(観光施設の専門家を講師に加えての講習)【現地研修】
◆10月20日(木)13:00~14:30 集合場所:北海道博物館 

去年リニューアルオープンした北海道博物館を実際に訪れて、学芸員の説明を聞きながら北海道の歴史・文化の知識を深める。またそれぞれの展示の見どころについての説明ができるように学んでいく。
(その後徒歩移動で開拓の村へ)

英語 第5回 
北海道開拓の村(観光施設の専門家を講師に加えての講習)【現地研修】
◆10月20日(木)15:00~16:30  

北海道開拓の村は見どころがたくさんあるが、広すぎてお客様をご案内するときはどこにお連れするといいのか、見どころはどこか、どのコースをとるべきか、などを専門家とともに施設を回り確認していく。

英語 第6回 
ニッカウヰスキー余市蒸溜所(専門家を講師に加えての講習)【座学】
◆10月21日(金)14:00~15:30 会場:札幌公務員受験学院 5F会議室

北海道の日本酒、ビール、ウィスキー、ワインも外国からの観光客に人気が高い。特に近年はNHK朝ドラ「マッサン」効果で余市のニッカウヰスキー余市蒸溜所を訪れる外国人観光客の数が増えている。ウィスキー作りの歴史、そしてニッカウヰスキー余市蒸溜所の見どころを、専門家を迎えてお話を聞く。

英語 第7回 
北海道の食【座学】
◆10月21日(金)15:40~17:10 会場:札幌公務員受験学院 5F会議室

北海道に来る観光客のほとんどが楽しみにしているものが北海道の食である。北海道にはどんな食べ物があるのか、何を食べてどこで食事をしたらいいのか、という質問に対して、スムーズに答えられるようにする。ジンギスカンや札幌ラーメンの説明、そして新鮮な魚介類、果物、スイーツ。食べ物関連の知識を確認し、スムーズに説明できるようにする。

英語 第8回 
アイヌの歴史と文化(専門家を講師に加えての講習)【座学】
◆10月24日(月)13:30~15:00 会場:札幌公務員受験学院 5F会議室

他の日本の地域とは違う北海道独自の特徴を形作っているのが、その気候・自然、他地域からの移民でなりたち開拓以後の歴史が浅いこと、そしてアイヌ文化の影響である。北海道中央地域のツアーの場合は白老ポロトコタン、東部の場合は阿寒のアイヌコタンなどが、ツアーに組み込まれることも多い。札幌アイヌ協会から講師をお迎えし、アイヌの歴史と文化についてお話ししていただく。

英語 第9回 
時計台(観光施設の専門家を講師に加えての講習)【座学】
◆10月26日(水)13:30~15:00 会場:札幌公務員受験学院 5F会議室

札幌のシンボル時計台は、外国人観光客にも人気が高く常に訪れる人でにぎわっている。時計台の専門家を講師に招き、時計台についての知識を深める。

英語 第10回 
日本人のプロ観光バスガイドを迎えて+まとめ
(専門家を講師に加えての講習)【座学】
◆10月26日(水)15:10~16:40 会場:札幌公務員受験学院 5F会議室

日本人のお客様に北海道のご案内をする、日本人のプロ観光バスガイドから学ぶものは多い。お客様にどのような話をするのか、話の組み立て方、またどのようなことに注意を払うべきか、おもてなし・心構えなど、実際にバスガイドの方を招き、講義していただく。
また全10回のまとめとしてこれまで扱わなかった事柄をとりあげ、仕事の問い合わせを受けてから終了までの流れ、下見に行くときのポイントなども説明し、実際に仕事につくときにスムーズに行えるようにする。

ページトップへ

中国語 スキルアップ研修会

目的

 ガイドの依頼があった時、不安なく引き受けられる通訳案内士は一体どれだけいるだろう。その不安をプラスに転換させるにはどうすればよいか。自信を持ってできる業務を一つ一つ増やすことに専念することが、解決策の一つである。今回の研修を通じて、確実にこなせる業務、自信をもって話せるガイドトークを増やすことを目指す。
 では、どのような優先順位で学んでいけばよいか。まず、行程通りにツアーを進めるために最も重要なのは添乗業務である。今回の研修では現地研修を合計4回行い、観光地での集合、解散の仕方、動線の確認などを行う。さらに、添乗及び観光案内をどのタイミングでどのように行うかをネイティヴ講師に実演してもらい、それを参考に実演練習を行う。
 次に、自信を持って観光案内できる地区、及び事柄を増やすことで、不安をある程度軽減することができる。中華圏からの観光客がよく訪れる地域、好まれる話題を選び、情報を収集・整理して中国語でどのように表現すればよいかを座学4回で学ぶ。
 9回目の研修ではビデオ研修を行う。札幌から小樽までの高速道路で車窓から見える映像を見ながら、シミュレーションを行う。その際、ネイティヴ講師による実演を参考にする。10回目は受講者がオリジナルのガイドトークを披露する。
 なお、座学ではガイド必須表現を確認し、中国語の基礎力を強化する。
※講座の進行状況により、講座内容が一部変更となる可能性があります。

中国語 第1回 
一連の仕事の流れ、出迎えの実演【座学】
◆10月11日(火)13:30~15:00 会場:北海道通訳アカデミー 

[一連の仕事の流れ]
仕事を受注して準備を始めるところから、業務終了までの一連の流れを理解する。業務をスムーズに行うために、どのように工夫できるかを考える。
[ガイド必須表現の確認]
主に添乗業務で必要となる中国語を確認し、スムーズに言えるようにする。
[出迎えの実演]
お客さんの出迎えに関する業務と、車内で行う行程説明などを学び、実演する。

中国語 第2回 
観光地案内-美瑛・富良野を中心に-【座学】 
◆10月11日(火)15:10~16:40 会場:北海道通訳アカデミー

ガイドトークを作るために情報を収集し、整理した後、どのようにアウトプットすればよいかを美瑛、富良野地区等を例にして学ぶ。第3回、4回、7回、8回の現場研修で実演するためのガイドトーク作りの参考とする。

中国語 第3回 
北海道神宮(ネイティヴ講師を迎えての実演練習)【現地研修】 
◆10月14日(金)13:30~15:00 集合場所:北海道神宮

駐車場から境内まで誘導する際のガイディング内容、参拝方法、動線の確認などを行い、実演してみる。注意を促さなければ見逃してしまうものや事柄についても確認し、実際に説明を行う。
(その後バスで大倉山ジャンプ競技場へ)

中国語 第4回 
大倉山ジャンプ競技場(ネイティヴ講師を迎えての実演練習)【現地研修】
◆10月14日(金)15:10~16:40 

ジャンプ台の説明をできるようにする。実際に展望台にリフトで上り、その際の注意事項なども確認する。展望台からの景色についても、説明できるようにする。

中国語 第5回 
白い恋人パーク(ネイティヴ講師を迎えての実演練習)【現地研修】
◆10月18日(火)13:30~15:00 集合場所:白い恋人パーク

白い恋人パークは中華圏の観光客に最も人気のある施設の一つである。充分楽しんでもらえるように、施設の詳細を学び、説明できるようにする。
(その後地下鉄で札幌中心部へ)

中国語 第6回 
札幌中心部:旧道庁、時計台、テレビ塔、狸小路
(ネイティヴ講師を迎えての実演練習)【現地研修】
◆10月18日(火)15:10~16:40 

札幌中心部で下車して自由行動をするパターンを想定して、乗降車、集合場所など動線を確認する。札幌中心部にある観光スポットの説明と、ショッピング情報などを伝える実演を行う。

中国語 第7回 
北海道の食【座学】 
◆10月27日(木)13:30~15:00 会場:札幌公務員受験学院 5F会議室 

北海道の食について、産業、風土、歴史、文化など様々な面から説明してみる。
下記の「食」について、具体的な話を組立、中国語で説明してみる。
・農産物…ジャガイモ、トウモロコシ…
・海産物…カニ、ホタテ、ホッケ、ウニ、昆布…
・郷土料理…ジンギスカン、ラーメン、スープカレー…
・スィーツなど

中国語 第8回 
北海道の酒:日本酒、ビール、ウィスキー【座学】  
◆10月27日(木)15:10~16:40 会場:札幌公務員受験学院 5F会議室

酒類の製造方法と関連施設について、ガイディング実演を行う。
関連施設については下記を中心に実演練習を行う。
・札幌ビール博物館 ・ニッカウヰスキー余市蒸溜所 ・田中酒造

中国語 第9回 
ビデオに合わせてシミュレーション:札幌から小樽までの高速道路
(ネイティヴ講師を迎えての実演練習)【座学】
◆11月1日(火)13:30~15:00 会場:北海道通訳アカデミー 

札幌から高速道路を通り小樽へ行くルートは40分程度の間に小樽の紹介、下車後の予定などすべてを話さなければならない。しかも窓から見える白い恋人パークや、銭函という地名表記などについても説明を加える必要がある。説明すべき内容を整理して、どのタイミングで話すかを自分で組み立ててみる。
ネイティヴ講師に実演してもらい、それを参考に各自数分ずつガイディングを行なう。

中国語 第10回 
まとめ・長距離移動のガイドトーク
(ネイティヴ講師を迎えての実演練習)【座学】
◆11月1日(火)15:10~16:40 会場:北海道通訳アカデミー

前9回の研修で学んだ内容を再度復習し、さらに補足すべき内容を確認する。 長距離移動の際に行うガイドトークを披露し、ネイティヴ講師に中国語表現の指導を受ける。

ページトップへ

韓国語スキルアップ研修会

目的

 全10回の講座を通して、通訳案内士の有資格者を対象にガイド技術の向上を目指していく。 外国人観光客の増加により、外国語によるガイディングのニーズは高まっている。ガイドをする場合、まず国立公園や世界遺産、地域特有の習慣やお祭りに触れ、また、ご当地グルメなどの食文化やその地域が生み出した偉人・著名人に話が及ぶ。そのような多種多様な話題を提供するとき、話にまとまりがないとせっかくの知識が活きてこない。この研修では、北海道の基本的なガイド知識を学ぶとともに、その知識をわかりやすい韓国語でストーリーをもって話をすることができるようにする。

韓国語 第1回 
ガイディング準備と北海道の概要及び札幌・小樽【座学】
◆11月11日(金)13:30~15:00 会場:北海道通訳アカデミー 

・観光地案内と添乗業務に関する韓国語を整理する。
 円滑に仕事を進め、お客様に安全で有意義な旅をしていただくための心得を確認する。
・札幌・小樽の観光について学ぶ。   
・気候・気象の用語を確認する。  
・食品・食材・酒類の用語を確認する。

韓国語 第2回 
函館周辺【座学】
◆11月11日(金)15:10~16:40 会場:北海道通訳アカデミー 

・函館及び松前、江差の観光を学ぶ。
・道南の歴史について
・生活用品や道具などの用語を確認する。

韓国語 第3回 
富良野・十勝周辺【座学】
◆11月14日(月)13:30~15:00 会場:北海道通訳アカデミー 

・富良野・十勝地域の観光を学ぶ。
・お土産について
・木や草花の用語を確認する。

韓国語 第4回 
阿寒・釧路【座学】
◆11月14日(月)15:10~16:40 会場:北海道通訳アカデミー 

・阿寒・釧路の観光を学ぶ。
・動物、木、草花などの単語と表現

韓国語 第5回 
網走・知床【座学】 
◆11月18日(金)13:30~15:00 会場:北海道通訳アカデミー 

・網走・知床の観光について学ぶ。
・家屋、生活用品、家具、道具などの単語と表現

韓国語 第6回 
アイヌ文化【座学】
◆11月18日(金)15:10~16:40 会場:北海道通訳アカデミー   

・アイヌ文化について
・服飾品などの単語と表現

韓国語 第7回 
実地研修準備1【座学】
◆11月21日(月)13:30~15:00 会場:北海道通訳アカデミー

北海道の開拓期から現代についての歴史や文化を学ぶ第9回と10回の実地研修を前に、日本全体の近現代の歴史・文化を概観します。 

韓国語 第8回 
実地研修準備2【座学】
◆11月21日(月)15:10~16:40 会場:北海道通訳アカデミー

・ガイディング原稿を参考に、各自、お客様をお連れして実際にガイドをするための原稿作りに取り組む。  
・お土産に関する単語と表現

韓国語 第9回 
北海道博物館(観光施設の専門家を講師に加えての講習)【現地研修】
◆11月25日(金)13:00~14:30 集合場所:北海道博物館  

リニューアルオープンした北海道博物館を訪れ、学芸員の説明を聞きながら北海道の歴史・文化の知識を深める。
(その後徒歩移動で開拓の村へ)

韓国語 第10回 
北海道開拓の村(観光施設の専門家を講師に加えての講習)【現地研修】 
◆11月25日(金)15:00~16:30 

学芸員の説明を聞きながら北海道の歴史・文化の知識を深める。
実際にガイドを行い、互いの技術向上のための助言をしあう。

ページトップへ

お問い合わせ
通訳案内士等育成運営事務局:
株式会社 イー・シー・プロ
〒060-0807 札幌市北区北7条西4丁目8-3 北口ヨシヤビル5F
Tel.011-299-5910 Fax.011-299-5911 interpreter@ec-pro.co.jp

主催:公益社団法人北海道観光振興機構、北海道


ページのトップへ戻る